やってやれないことはない!!

其は命かけること。ゆえにこの魂は獅子の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い長いなんちゃってテキストライブ

※酔っ払ってからお読みください。
妄想テキストライブへようこそ

みなさんこんばんは。ようこそ妄想テキストライブへ。今夜も活字が踊るロードレースをどうぞお楽しみください。

お正月休みが一段落のもつかの間、今日のそこらでロードレースからはまじめな練習期間を迎えます。

「体が重い」「寒い」と堕落した言葉が似合う冬のクラシックはただ走るだけでしんどいという疲労感を感じさせます。

しかし、そこはクラシックの名を冠するレース。レースの内容は決して軽くはなく、むしろ弱者ふるい落としの熾烈なサバイバルレースが常。強き選手だけが、繰り返される坂を軽やかに登ることができるのです。

京田辺から柳生近郊の130kmのコースには距離こそ短いものの坂が多数登場する。このアップダウンの繰り返しこそが冬のクラシックの真骨頂。選手にとっても、観る者にとっても息つく暇を与えないヘロヘロなレースとなるでしょう。

それでは、文字で追うそこらでロードレースをどうぞ。

07:30 ■0km地点/残り130km
曇り空の寝屋川を選手たちがスタート。残念ながら外国人選手の参加はなし直前まで参加予定だった99さん(日本)は、夜勤へ集中するためのチームオーダで無念のメンバー交代。
レースのほうは0km地点でのアタックが決まる。メンバーはプロテインさん(日本)、M見さん(日本)、Nし(日本橋)。

08:00 ■10km地点/残り120km
逃げる3人が稼ぎ出したタイムギャップは5分を超えた。レースが落ち着きを見せたところで、本日のレースをプレビューしてみよう。

<プロテインさん、M見さん、Nし ~3分~ 集団>

08:00 独断と偏見の優勝候補選手

ということで、まずは優勝候補選手をざっくり挙げてみよう。名前だけ挙げても、アムロ(ガンダム)、シャア(ズゴック)、ランバ・ラル(グフ)、ガルマ(ザク)、ガイア(ドム)、ドズル(ビグザム)…と歴代優勝者を含む有力選手の名前が挙がる。

以下、1行プレビュー。

アムロ:近年稀に見るニュータイプ。絶対の優勝候補筆頭株主。
シャア:フットワークの軽さを利用したアタックが持ち味。
ランバ・ラル:強面でスプリンターに見える。が、戦いの中で戦いを忘れる。
ガルマ:少人数でのスプリントにチャンス。しかしお坊ちゃん。
ガイア:ジェットストリームアタックを駆使したスプリントに活路。アシストが最終局面に残れるか。
ドズル:重量級でスプリントには圧倒的自信。精神力の強さが武器。

08:05 ■12km地点/残り118km 最初の登り、傍示峠にかかる。
逃げとともに集団が傍示峠に登っていく。早くも後方ではドズル(ビグザム)が遅れ始める。チームメイトが必死にアシストするも集団から見る見る離れていく。今日のコースではやはり厳しいか。

<プロテインさん、M見さん、Nし ~6分15秒~ 集団>

09:10 ■42km地点/残り88km 逃げが補給ポイントに到着。
逃げ3名が店内で待つコンビニ店員から補給を受け取っている。Nしが補給食のパンからホイップクリームがこぼれ憤慨しているが大丈夫か?逃げはどうやら協調体制が取れておらずNしが先頭固定で走っている。到底逃げ切れるとは思わない。
集団は各チームがアシストを出し落ち着いている。

<プロテインさん、M見さん、Nし ~10分~ 集団>

09:25 ■43km地点/残り87km 369号にさしかかる。
369号の登りにさしかかり、逃げは足がそろっているのでペースを落とさず進んでいく。(ちょっとはゆっくりいこうぜ~)集団はザクが集団の前に陣取っている。そろそろ動きがあるのか?

<プロテインさん、M見さん、Nし ~12分~ 集団>

10:00 ■59km地点/残り71km 柳生に到着
折り返し地点の柳生に到着。逃げは今後のルートの説明と小休止。プロテインさんが『朝練で来よう!!』とおっしゃる。いけるのか?集団は徐々にペースアップ。やや縦長に伸びてきて各チームのエースが前方に集まっている。

<プロテインさん、M見さん、Nし ~10分30秒~ 集団>

10:40 ■70km地点/残り60km 逃げから脱落!!集団のペースは上がる
ここで逃げからプロテインさんが脱落。どうやら木津CRまで戻るとややこしいということでここでまさかのコースアウト!。
Nしは無線で必死にチームカーと何かを話している様子。集団ではどうやらこのレースに意欲をみせている。ガンダムがアシストのジムを先頭に出しペースアップ。集団はかなり縦長に伸びてきている。

<M見さん、Nし ~8分15秒~ 集団>

11:20 ■89km地点/残り41km 最後の補給地点
コンビニ店員から最後の補給。逃げにはかなりの疲労の色が伺える。逆に集団は逃げを捕まえそうになったためかジムが先頭から去り少しペースが落ちている。

<M見さん、Nし ~4分~ 集団>

11:50 ■96km地点/残り34km 打田を登る
逃げは何とかタイム差を維持している。ジムがずらりと集団先頭にいる中、ちらりと混ざるのはマ・クベ(ギャン)。キシリア様のために見せ場を作ろうと前方でレースを展開している。

<M見さん、Nし ~3分30秒~ 集団>

12:10 ■104km地点/残り26km 307号を登る、中切れ発生!
グロッキー状態の逃げを尻目に団先頭にいる中、ドムがかなりのハイペースで集団を棒状にやはりホバーは速いのか!

<M見さん、Nし ~3分00秒~ 集団>

12:20 ■107km地点/残り23km 関西外大の登り、M見さんギブアッップ!
ここまでの消耗度合いを尻目にレースは佳境へ。ついにM見さんがグロッキーで岩船から帰るとのこと!!最後の登り清滝を前にレースはいよいよエースたちの戦いに移っていく。

<M見さん、Nし ~2分00秒~ 集団>

12:50 ■118km地点/残り12km 最後の清滝!集団はひとつに
ここまで逃げを引っ張ってきたNしもさすがに限界。ついにドムがペースアップする集団に飲みこまれる。集団も規模が大きく集団スプリントか!

<集団ひとつ>

13:05 ■125km地点/残り5km 集団でシャアが落車!
シャアが集団内で落車、アナウンスではメインカメラがやられたといっている。どうやら再スタートは不可能。

13:11 ■127km地点/残り3km ドムが主導権を握る!
ガンタンクも隊列を組んで先頭へ。依然としてドムが主導権を握っている。

13:14 ■128km地点/残り2km オルテガ、マッシュ、ガイアの順
ゴールまで2kmを切ってオルテガが先頭へ。オルテガの後ろにはマッシュ、そしてガイアが続く。しかしオルテガがゴールまで引き続けるには距離がありすぎる。今日はオルテガのスプリント狙いだが、ジェットストリームアタックの発車が早過ぎる!
ガイアの付き位置をキープしているのはアムロ。その横にランバ・ラル。

13:17 ■129km地点/残り1km スプリント!
トレインを組むのが早すぎたジェットストリームアタックはバラバラになった状態。先行したガイアは集団に飲み込まれていく!そしてハヤト(ガンタンク)が好位置でスプリントを開始した!アムロ、ガイアも迫る。

しかしハヤトのスプリントが伸びる!ハヤトが伸びる!ハヤトが両手を挙げてゴール!勝利をリュウに捧げた!

20120109


13:18
妄想テキストライブ レース結果

  1位 ハヤト(ガンタンク)
  2位 アムロ(ガンダム)
  3位 ランバ・ラル(グフ)
        ・
        ・
        ・
152位 Nし(日本橋)
DNF  プロテインさん(日本)
DNF  M見さん(日本)

12:41
さあ!いかがだったでしょうか!妄想テキストライブ!

まさかのハヤトの勝利!ジェットストリームアタックが失策で後方に沈む中、エーススプリンターを最高の位置で解き放ったガンタンクが集団スプリントを制しました!

まさかの3人参加という奇跡に見舞われた今回のレース。参加いただいた皆様どうもありがとうございました。

さあ、次回はあるのでしょうか!もしあるのであれば逃げ切れるのか!次回も白熱した闘いになりそうです!

今日も最後までおつき合い頂きありがとうございました!またどこかでお会いしましょう!

それでは!おやすみなさい!

LIVE by 手気酢戸

じゅうさんとうげサーティーン?

『じゅうさんとうげサーティン?』あらすじ

jinjinさんによる“十三峠登ろう会”が今年初の結成!jinjinさん率いる『登りハァハァ』チームが、友情と快楽のために十三峠を登る姿を描く。jinjinさん、工場長さん、99さんら“出前迅速”のメンバーはもちろん登場。さらにヒルクライムレースの表彰台の常連さんであるAZEさんや梵天さんが参加したり、僕ちゃんが最後尾でスタートさせられる?など、キャスト、ストーリーとも過去のシリーズ以上のスケールとなっている。当然“タイムスケジュール”も過去最高で、想像を絶するペースにメンバーが挑んでいく。コミカルなシーンも多数あり、笑いとともに楽しめる一級のサイクルエンターテイメントに仕上がった。



というわけで感想は以上です。

十三峠のタイムをまじめに計りました。

20120104

タイム    15分37秒? ちょっと怪しい
平均出力  332W
ケイデンス 69rpm
心拍     182bpm

まあまあでしょうか?
何も考えず普段どおりのリア23丁しかもっていなかったので、
だいぶときつかったですがうまいこと体重をかけながら
ペダリングできたのでよかったというところでしょうか。

この装備で14分台を最低出しておかないと、
恐らくお話にならないレベルかと・・・(フル装備で13分台をたたかないと)

しかし今の体重六十ピーkgなら?・・・かな?
とりあえずターゲットタイムはできたのでよしとしておきましょう。

jinjinさんおよび皆様、面白いものをありがとうございました。
(・・・私もツイッターしようかしら?)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。