やってやれないことはない!!

其は命かけること。ゆえにこの魂は獅子の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N師的パワートレーニング(トレーニング強度の区分け)

聡明な迅速の皆さんは十三峠でFTPを計測していただけたでしょうか?
(パワーメーターを持ってないとの苦情は受け付けません。)

ここからトレーニングするために強度を設定していきます。
ここではFTP=200Wとした場合の区分けも記します。

レベル強度FTP比(%)出力(W)
L1リカバリー<551-110
L2エンデュランス56-75111-150
L3テンポ76-90151-180
L4LT91-105181-210
L5VO2MAX106-120211-240
L6無酸素121-150241-300
L7最大パワーN/AN/A


ベースとなる有酸素運動能力をあげるのに
重要となってくるのが、
L3及びL4領域でのトレーニングです。
特にFTPの88%ー94%はSST(スイートスポット)、
もしくはSub-LTと呼ばれていて、
体への負担とFTPに対する
トレーニングの効果が高いところとされています。
(細かい説明は省きます)

ただし、僕の解釈的にはそこまで厳密に88-94と
考えるよりは80-100の間をSSTとざっくりと捉え、
効果があるものと考えてよいと思います。(僕的に)
ですので特にSSTのなかで90%前後をSub-LT
(LT強度の下限にかかっているから)という
言葉の使い分けを『勝手に』していたので、
このブログではsubLTという言葉が出ていたのです。
(菊リンさんこれでわかりますか?)

しかし、レース中は基本的にFTPを越える領域と
越えない領域でのインターバルが果てしなく続くので
FTPだけが上がればよいのではなくL5、L6領域での
トレーニングも必要となってきます。
(もちろんFTP自体が大幅に上がれば相対的に
レース中の強度が下がって感じられるので、
それだけでも十分効果はあると思います。)

では、この強度の区分けからどのような
トレーニングメニュー(特にローラー台での)を
僕がしているかは、この更新の23時間後くらいに
また更新できるでしょう。

注:今日もローラー台にまたがっています。
スポンサーサイト

コメント

なるほど少しわかった気がする┌|∵|┘
やっぱトレーニングの効率アップには、パワーメーター(パワータップ)があると良いね~
この間、迅速練の序盤の清滝の負荷が200wぐらいと言ってたような・・・あれの90%前後でトレーニングだとsub-LTになるのかな?(L4の下限ぎりぎり域?)

  • 2011/05/17(火) 17:49:16 |
  • URL |
  • 菊リン #JalddpaA
  • [ 編集 ]

菊リンさんへ

> この間、迅速練の序盤の清滝の負荷が200wぐらいと言ってたような・・・あれの90%前後でトレーニングだとsub-LTになるのかな?(L4の下限ぎりぎり域?)

それは、菊リンさんのFTPを計測しないとわかりませんが、もしFTPが200Wだとするとそうなります。
ただ、僕がSub-LTをローラー台でメインのトレーニングに用いているのは理由があるのです。

  • 2011/05/17(火) 22:35:53 |
  • URL |
  • Nし #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kettwu.blog28.fc2.com/tb.php/68-ece3af6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。