やってやれないことはない!!

其は命かけること。ゆえにこの魂は獅子の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞洲はバーベキューやイベントで警察官や警備の人がいたのでお仕事をしている人の邪魔にならないようにさっさと帰ってきて昼から清滝を5本走るの巻

概要は表題どおりである。

舞洲に到着すると、周回コースになぜか警察官がいたり
駐車場へ誘導する警備のおじさんがいたり、路上駐車できないように
コーンがいっぱい立っていたりとゴールデンウィークモードの舞洲を
グルグル走ると、邪魔かな~と思い大小の周回を1回ずつ走り
神崎川から帰宅。

しかし、これではただのサイクリングになってしまうので午後から清滝へ
今日は風向きがよくいいタイムが出た。

1本目  8分55秒 357W 180bpm
1本目だけは気合を入れて全力でTTを行った。
350Wを目安にクリーンセンターまでそこからは気合でゴールまで・・・
ラップボタンを押すと、8分55秒という恐ろしいタイムを表示していた。
風向きが良かったので9分前半では入ってくるとは思ったが、まさかここまでとは・・・
きっと大佐が『さらに、できるようになったな!』と名言をおっしゃってくれることでしょう。
20110429

データを見るとクリーンセンターを越えてからの出力にかなりバラつきがある。
勾配自体に変化があるためにこうなっているのだろうが、
ここをうまくこなせればよりタイムを上昇させることができるだろう。

2本目 10分35秒 294W 168bpm
2本目はLTねらいで淡々と。
300Wは少し下回ったがまあよしとしよう。

3本目  9分41秒 317W 176bpm
3本目は無謀?にも僕に中野ランプから付いてこようとするツワモノがいた。
ここも、登り初めからLT付近で大学前までいくが後にきっちりくっついていらっしゃたので
ここからじわじわと、300Wオーバーでペースを維持していく。
ホテル前を越えた辺りから徐々に後の人の息遣いが荒くなってきたが、
何とかくらいついていらっしゃる。
そこで、クリーンセンターを越えたところでアウターにかけて
加速したところさすがについてこれなかったようだ。
なかなか楽しませてくれたものだ。

4本目 10分46秒 281W 166bpm
再びLTを目標に走るもさすがにさっきの加速でかなり消耗したので、
少し出力は下がっているもののなんとか280Wでまとめた。

5本目 13分52秒 215W 153bpm
やる気をなくし、サイクリングモードでゆっくりと登りきる。

総括
風向きが良かったとはいえクソホイールを履いて8分台は予想外だ。
出力的には予想通りの出力がきっちりと出せているので問題はない。
問題は出力計なしで同じ装備で同じタイムが出せるのかはすこし、怪しい。
レース用のホイールでは結果的には良いタイムは出るだろうが、
内容として今回よりも、『ムダ』な力を使うことになってしまう。
しかしヒルクライムとはいえもう一人旅になるようなレースはないだろうが。

SRMがあれば万事解決なのだが・・・
スポンサーサイト

コメント

ひぇぇぇぇ~!
激重ホイールで8分台とは、凄すぎる~!
アベレージ350Wてあり得へんし(^_^;)
ホンマ今シーズンのレース楽しみやね~

  • 2011/04/29(金) 20:03:07 |
  • URL |
  • jinjin #ncVW9ZjY
  • [ 編集 ]

jin様

追い風で、恐らく20秒近くのアドバンテージをもらっていると思います。
グランツールで優勝するためには最低でも、
清滝を6分前後で走る必要があるのです!
(アベレージ30kmですよ!)( ̄□ ̄;)!!

  • 2011/04/29(金) 22:39:17 |
  • URL |
  • Nし #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kettwu.blog28.fc2.com/tb.php/52-1a17862c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。