やってやれないことはない!!

其は命かけること。ゆえにこの魂は獅子の如く。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

⑤-3

隠語の説明
<これ以降話がなおさらひどくなりますので先に注釈を入れておきます>
『合体』 ≒ 『S〇X
『チューブレス』 ≒ 『つまりチューブ(ゴム)がいらない・・・お察しください』

※最後です。よい子はよまないでね。

というわけでよく分からない話をしながらラーメン屋さんに到着しました。・・・ふぅ

A『おまえな、ガールズバーやそんな店にあんまり夢を求めへんほうがいいぞ、相手は仕事やぞ』
若『いや、やっぱり口説いたりして後の合体について期待したくなるじゃないですか~』
B『結局最終的にはそこやろ?それやったらそういうところに行ったええやないかい。』

Nし(ラーメン屋さんでそんなことを大声で話さないでください・・・)

若『いや、そういう店もよく行くんですよ。〇〇とかXXとか』

Nし(よく行くのか・・・無茶しやがって・・・)

B『おまえそれやったら、別に俺の知ってるところの聞かんでも分かるやろ?
  安い分「アレ」な子とか、年配の子しかおらんで?』
若『いやどちらかといえば、デブ専なんで・・・それにチューブレスでできるなんて・・・義兄さん♪』
A『おまえ、チューブレスはやめといたほうがいいで病気とかいろいろあるからな。』
B『わかった!とりあえず合体したいねんな?それやったら俺の知ってる店連れてってやるから。』
若『是非!是非!よろしくお願いします。義兄さん♪』

Nし(・・・いまからか・・・マジか・・・)

若『すばらしいお話を聞かせていただいたのでここのラーメン代は僕が払います!』

その後、Bさんと若者は夜の街に消えていきました。
私とAさんはお家に帰りましたとさ。

追伸 - Bさんによるとお店の店長に若者を紹介して帰ったのでその後どうなったかは分からないとの事。
     嗚呼、彼にもう一度会うことはあるのだろうか・・・
     もう顔もあんまりよく覚えてないけれど。

おしまい。

Nし先生の次回作にご期待ください!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kettwu.blog28.fc2.com/tb.php/493-fd2e5cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。